総量の規制緩和になることで起こる危険性は?

消費者金融への規制緩和で、総量規制が実現することになれば、本来借りても返済できないだろうという方が、自分の返済能力を超えた量の借金をしやすくなってしまうことや、金利が今までよりも上昇することによって返済が前よりも難しくなってしまいます。
そして、それらによって破産するものが多くなるのではないかという危険性があるとされています。
この規制緩和に備えて、借り手側はより自己の返済能力や返済方法、借入限度の設定などを意識しなければなりませんし、自己破産や多重債務へのリスクをより心がけないといけないものとなります。
規制緩和がされたとなった時には、消費者金融を利用することについてより注意をしながら利用していかなくてはならないのであります。
総量規制の適用対象外についての参考サイト